カテゴリー別アーカイブ: 岡田茂吉医学論研究

『医学は迷信』岡田茂吉医学論より

「医学は迷信」

 

 

ーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

 

 

 

医学は迷信なり

医学関
御論文集『医学革命の書』執筆日不明、推定昭和28(1953)年

序文にもある通り現代医学がいかに誤っているかをこれから種々の例を挙げて説明してみるが、まず誰しも病気に罹るや早速医師に診て貰う。医師は一通り診 察をして簡単に病症を言い、投薬注射等を行うがそれで治る事もあり、治らない事もあるのは誰も知る通りである。ところがこの場合診断の方法としては程々の 機械を用いておよその見当をつけるが、これは病気として表面に表われただけの説明であって、その内容も真の病原が分らずに治療するのであるから、思うよう に治らないのは医師もよく知っているはずであるどころか、医師自身は長年月かかって専門の教育を受け卒業後も相当実地経験を経た事とて分ったつもりでいる が、実地にぶっつかってみると余りに学理と異(ちが)う点が多いのでその悩みは一通りではない。そこで思う事は、医学は未だそこまで進歩していないから、 止むを得ないが、しかし世界中の学者の絶えざる研究努力によって徐々として解決されるに違いないからその時まで待つより仕方ないと諦めているのが現状であ ろう。それと共に患者の方でも、病気になったら、医療で治るものと子供の時から教育されており、しかも医学の進歩を種々の道具立てで固く信じさせられてい る以上たまたまその誤りを吾々が話しても信じないのも無理はない。しかしたとえ医療で治ってもそれは一時的で、全治でないから必ず再発するか、または形を 変えた他の病気となって起るのは勿論で、治った安心がいつも裏切られるのは誰も知る通りである。その証拠には、病家といって町医師などは、必ず常得意を もっている。もし本当に治ったとしたら、それで済んでしまい、その先は御用無しになるから縁が切れてしまうはずである。また医学で本当に病気が治るものな ら、医師の家庭に限って病人はないはずである。またよく言われる、手後れなど実はあるものでないので、これは病院の看護婦などもそうで、しかも治療設備も 至れり尽せりであるにおいてをやである。ところが実際は医師の家族も病院の看護婦も一般人よりも病気に罹り易い事実はどういう訳であるかである。また医学 博士などは最も長命であるはずなのに、統計上他の博士よりも早死と言われている。そうしてこれも分らない話の一つだが、よく医師は病人に対って“あなたの 苦痛は神経のためで、これという病気はない”といって済ましているが、もしそれが本当だとしたら、病気のないのに苦痛を感ずる神経としたら、その神経が大 いに病気に罹っている訳である。故にそれを治すべきではないか、
また“あなたの病気は重いから入院しなければならない”というので“では入院すれば必ず治るか”と訊くと“それは請合えない”という答などもよく聞く が、これほど理屈に合わない話はあるまい。察するにこれらは患者を研究材料にする目的ではないかと思うが、患者こそ好い災難である。それからこういう事も よく聞く、“あなたの病気は万人に一人しかない程のものだから治らないのだ”という言葉も一種の遁辞としか思えない。また原因を訊かれても適切な返事の出 来ないのは医師もよく知っているであろう。その殆んどは御座なり的で曖昧極まるものである。それと同じようによくラジオや新聞にある質疑応答などもそう だ。断定的の答は殆んどない。特に馬鹿々々しいのはよく“専門医に診て貰いなさい”というが訊き手は専門医に散々かかって治らないから訊くのである。その 点医師は百も承知であるが、答に窮したための逃口上であろう。その他こういう事もある。“あなたの病気は正しい医師に診て貰え”“正しい療法を受けなさ い”などというが、もしそうだとすれば、正しくない医師も正しくない治療もある訳である。しかし実際素人である患者にその正不正の判別は分るはずがないで はないか、もしそれが本当だとすればおかしな事になる。それは今まで有名な博士や大病院で散々治療を受けても治らなかったのはつまり正しくない医師に掛か り、正しくない治療を受けていた訳であるというように、何もかも、一時逃れとしか思えない。また医師の言葉もそうである。例えばその薬なら、その療法なら 必ず治るとは言わない。治るはずだとか、治る事になっている。学理上そうでなくてはならない、そう言われている。まだ医学はそこまで進歩していない。まだ 分っていない、それでいい訳だ、そんな訳はないなどは誰も知っているであろう。
酷いのになるとこういう事も聞く“あなたのように、医師ばかり頼っては困る。自分でも治すようにしなければいけないというに至っては噴飯物である。以上によってみても現代医学の程度はほぼ分ったであろう。
このような幼稚極まる医学の実体を専門家も一般人も看破する事が出来ず、病気は医師と薬というように、これが常識となっているのであるから、全く世紀の 謎である。故に医師に掛かりながらどんなに悪化しようが苦しもうが疑うどころか、死んでしまっても目が醒めず運命と諦めているのだから、よくもこれほどま でに科学の魔術にかかってしまったものと驚かぎるを得ないのである。この医学迷信に比べたら、宗教迷信などは物の数ではない。ではこれほどの迷信は何に よって作り上げられたかというその真相を次説明してみよう。

 

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー

 

 

 

岡田論「寿命が延びた理由」より

寿命が延びた理由

 


『栄光』234号、昭和28(1953)年11月11日発行

 

近来人間の寿命が延びたといって、この原因を医学の進歩としているが、これは大変な誤りである事をかいてみよう。
それは何かというと、漢方薬と西洋薬との関係にある。
すなわちこれまでの日本人が短命であったのは漢方薬使用のためであって、誰も知る通り漢方薬なるものは量を非常に多くのまなければ効かないとされているからである。
ところが近来に至って漢方薬はほとんど影を没し、普通薬といえば洋薬を指すようになった。
何しろ洋薬は毒分としては漢薬と大差はないが、量が非常に少いため害も少く、これが寿命の延びた理由の一つであって、歴史的にみても分る通り、日本においても上代は普通百歳以上であったものが、紀元千百二十八年雄略天皇頃、シナ)文化と共に漢方薬も渡来し、その頃から病人らしい病人が出来ると共に、ぜんじ)寿齢も短くなったのである。

今一つの理由は近来薬学の進歩によって、浄化停止のための薬毒の力が強くなった割に、副作用の現われ方が延びたからである。
そのため浄化と浄化停止との摩擦が余程緩和された事と、今一つは最近の薬の成分が今までとは全然ちがった、すなわち抗生物質の発見で、これが大いに効いた訳である。
というのは医師も経験者もよく知っている通り、何程効く薬でも一つものを長く続けていると免疫性になり、漸次効かなくなる。
そこで薬を変えると一時よく効くのと同様であって、抗生薬を続けるとしたらいずれは元のもくあみ)となるのはもちろんである。
というように薬効なるものはある限度があるから、治っても安心は出来ない。
つまり根治とはならないからである。
何よりも今日病気をもちながら、どうかこうか働いている人が非常に多くなった事実である。
それは前記のごとく病の一時抑えが、今までよりも期間が延長したためで、これを進歩と錯覚したのである。
従って若くして老人のような消極的健康者が増え、元気溌剌たる人間が段々減るのである。
この例として近来の英、仏等の民族がそうである。
ところがこの理を知らない我国の当局は、やたら)に医学衛生を奨励し、無理をするな、大切にせよ等と注意を怠らないのは、健康が低下したからである事は、これで分るであろう。