昭和28年に警告されていた「抗生物質の有効性の期限」


抗生物質は昭和28年に医学者達から既に将来の危惧される事態が報告されていたという。

しかし、こんにちまで抗生物質はどんどん使われてきた。そして今や人間だけで無く家畜に大量消費されている。

結果、超耐性菌の逆襲という人類の危機が既に始まっているという。